VANISHING POINT | STAFF

VANISHING POINT | 企画・監督 翁長 裕
VANISHING POINT | 企画・監督 翁長 裕1957年沖縄県那覇市生まれ。1981年にカメラマンのアシスタント時代に撮りためていた、アンダーグラウンドロックシーンのフォトドキュメンタリーが、写真月刊誌『写楽』にて特集される。その後、フリーカメラマンとして独立、音楽誌及び写真グラビア誌を中心に、活動を始める。RCサクセションのオフィシャルカメラマンに抜擢されたことをきっかけに、渡辺美里、久保田利伸らのミュージッククリップやライヴ映像を手掛けるなど、音楽映像の世界に進出する。1986年、自らの映像制作会社株式会社イフ設立。以降、中島みゆき、GLAYら、日本の音楽シーンをリードするアーティストの映像を数多く演出し、Blankey Jet Cityには1994年頃より2000年の解散まで関わる。いまなお第一線でディレクター&カメラマンとして活動を続ける、気鋭の映像作家である。

VANISHING POINT 監督インタビュー/映画化にあたって
VANISHING POINT 監督インタビュー/映画化にあたって
VANISHING POINT 監督インタビュー/映画化にあたって
VANISHING POINT 監督インタビュー/映画化にあたって

  なうで紹介